大切にしていること

大切にしていること

point 01安全と安心への取組み

貸切バス事業者安全性評価認定2016年
二ツ星に認定されました。

私達は人命尊重の精神から、お客様の安全を第一に考え行動します。お客様が乗車されるバスの日常点検、運行ルートの事前調査や安全確保、キャプテン(運転士)の健康管理に至るまで厳格な社内ルールを設け、お客様の旅の安全を高める取組みを行っています。その活動が認められ2016年公益社団法人日本バス協会より、貸切バス事業者安全性評価認定制度二ツ星を取得することができました。堀川観光バスにご乗車されるお客様には、安全で最高のサービスに満ちた旅をご提供します。私達は、お客様が堀川観光バスにご乗車され「安心だった」「快適だった」「楽しかった」と言っていただけるよう、たゆまぬ努力をして参ります。

point 02先進安全自動車(ASV)の導入

最新バスの新車投入を積極的に推進し、
安全性や快適性を格段に高めています。

先進安全自動車(ASV)の導入

弊社では、全車先進安全自動車(ASV)となるよう新車投入を積極的に推進しています。人間の運転能力では限界となる部分もカメラやレーダーなどでサポートし、安全性や快適性を格段に高めています。最新バスには万一の際、車間距離を検知して自動でブレーキをかける衝突被害軽減ブレーキの他、車間距離を調節したり、車線から逸脱した際、警告をだして走行をアシストする機能が搭載されています。さらに安全性を高めるために、自社バスの消耗部品には蓄積したデータから、法定交換時期より運行に応じた適正な交換時期を定め、整備不良や老朽化による車両故障を発生させないよう整備管理者によってメンテナンスが行われています。

point 03徹底した教育制度

遵守事項の確認や緊急時の対応方法、実車を使っての訓練など、
専門性を高める取組みを行っています。

徹底した教育体制

私達はどのような事故も人的な要因が大きく影響することを認識し、事故を事前に防止できるのも人であることから社員の安全教育を欠かさないようにしています。新任運転者教育(約6か月)は元より、現役ドライバーであるキャプテンにはドライブレコーダーによる定期的な運転チェックを実施しています。また、運行経路でのヒヤリハットポイントを収集し、安全運行に関する情報交換の場作りを行っています。さらに、指導教育の要となる運行管理者への教育も定期的に実施し、法令に関する遵守事項の確認や緊急時の対応方法や実車を使っての訓練など、高度な専門性を高める取組みを行っています。

point 04ホスピタリティ

期待を超える付加価値を提供し、
「感動の旅」を届けるために。

ホスピタリティ

私達はお客様の心の声に対して期待を超える付加価値を提供することが、目指すべき「感動の旅」づくりになると考えています。そのためには常にお客様に対して、「新しい付加価値」を創りだすことが重要であると考えています。当社は、ドライバーからキャプテンに、ガイドはキャストへと呼び名を変えました。キャプテンは単なる運転手からバスの安全運行やお客様への安全配慮に至るまで全てに責任があることを認識し、自覚ある行動を求めました。また、キャストには既存の案内役からお客様一人ひとりの表情を伺いながら百人百様のコミュニケーションを求めました。呼び名を変える、それだけのことですがマインドが変わり、意識・行動が変わりました。現在は、表現する技術を高めるために各々が実践の場で磨いています。

point 05地域密着

日ごろの感謝の気持ちを込めて、
地域周辺道路の清掃活動を行っています。

地域密着

毎週火曜日の朝に地域周辺道路の清掃活動を行っています。私達は、毎日道路を使って仕事をさせていただいています。大型バスは何かと周辺住民の方などご迷惑をおかけすることがあると思います。この地域で私達が、毎日仕事ができるのもご理解があるからです。だからこそ日ごろの感謝の気持ちを込めて行っています。地域に根ざした企業となるにはまだまだ力不足ですが、私達にできることから活動を行っています。

PAGE TOP